ユニマット証券

お酒とタバコと血糖値の関係は?



健康診断で医者に、「少しお酒を控えましょう」と言われたら悲しいですね。
私も何度かあります。
あなたの血糖値の数値が高かったりしませんでしたか?

お酒と血糖値は、とても関係性があるようです。
お酒には高カロリーの物から低カロリーの物までありますね。
お酒を飲むとついおつまみを食べたくなってしまいますね。

低カロリーのお酒を飲んでいたとしても、
お酒には糖分が含まれている物があります。
ビール等にも糖分が入っています。

おつまみも食べることによって、さらに血糖値を上げてしまうことになるのです。
お酒を飲んでいると、酔いが回ってダラダラとおつまみを食べ続けてしまいますね。
これがまた血糖値を上げてしまう原因になるのです。

では、タバコと血糖値には関係があるのでしょうか?
実際、調べてみたところ、タバコと血糖値には直接的な関係はないようですね。
ただ、タバコは血管を収縮させてしまいます。

血糖値が高い方は元々、動脈硬化を起こしやすいと言われています。
さらにタバコを吸うことで、その硬くなっている血管を萎縮させてしまうことになります。
そこで血栓が出来てしまったりするのですね。

血栓が出来るということは、血管が詰まりやすくなります。
それが,心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまうリスクを高めることになります。
煙草は直接的に血糖値を上げたり下げたりする物ではありませんが,

後々大変なことになり兼ねないので気をつける必要があります。
今は,血糖値が高くなくても、食べすぎや飲みすぎ、
喫煙などの習慣は改めたいですね。

しっかり自己管理しておきたいものです。
血糖値を下げるには新しい知識をしることも大事です。
読むだけで糖尿病や血糖値に関する知識を得ることが出来る

サイトがあります。
まずは、一読をおすすめします。
糖尿病とは決別することができる情報があります。

>>詳細はこちらをクリック












TOPPAGE  TOP