ユニマット証券

漢方薬には血糖値を下げる効果があるか?


血糖値を下げるためにはいろいろな方法があります。
病院ではインシュリン注射を処方されている人もいますね。
あるいは,食事・運動療法を行っている人もいます。

また,血糖値を下げる方法の一つとして、漢方薬を使う方法もあります。
糖尿病は、血糖値が上がってしまう病気ですね。
患者さんにも漢方薬を使っての治療が行われています。

急激に血糖値を下げたりすることは,インシュリン注射のようにできませんん。
しかし漢方薬は緩やかでも血糖値を下げることができます。
漢方薬はこのように血糖値が上がってしまうことによって起こる手足のしびれや冷え、

疲労感などを改善するために使服用されていたりします。
あるいは,糖尿病の合併症を予防するために使用されることが多いようです。
このように、直接的に血糖値を下げる効果があるわけではありません。

それでも漢方薬を飲むことで血糖値を少しずつ下げていったりすることができます。
また,良い状態を保つことはできるようです。
よく使われる漢方薬

○白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)
○清心蓮子飲(せいしんれんしいん)
 という漢方薬がありますね。

これは血糖値が上がることによって起こる喉の渇きや
手足のほてりなどに良いそうです。
糖尿病の初期症状として、トイレに行く回数が増えてしまったりします。

そして,排尿障害を起こしたりすることがあるようです。
そんな時に処方されるのが、

○八味地黄丸(はちみじおうがん)
○牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)です。

排尿障害の他にも、しびれなどに効能があるようです。
しかし、全ての方に同じ漢方薬が処方されるわけではないようです。
その人の生活習慣などによって、処方される漢方薬が変わってきます。

ぜひ漢方薬局に行って相談してみましょう。
自分に合った漢方薬を処方してもらうことができます。
漢方薬を服用しても内服薬を服用しても,

インシュリン注射を実施しても
著しい改善がみられず,徐々に長期化し,
糖尿病が酷くなる事例がふえているようです。

一方,自宅で血糖値のコントロールをシンプルな方法で
実施している人も少しずつですが増えています。
その方法とは,どのようなものなのでしょうか?

 ぜひ,確認してみて下さい。
   >>三日で血糖値を下げることができる食事療法はこちらをクリック








TOPPAGE  TOP