ユニマット証券

糖尿病からのいろいろな合併症

糖尿病 -->


糖尿病による多くの合併症がありますね。
高血糖のままでいると糖尿病発症時から10~15年で
糖尿病発糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症といった、

合併症が出てくるといわれています。
合併症の中で最も早く出てくるのが糖尿病神経障害です。
末梢神経障害の足や手の症状は,いろいろです。

手足のしびれ、ケガや火傷の痛みに気づかないというようなこともあります。
そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、
インポテンツ、ED,立ちくらみ、発汗異常など、

さまざまな自律神経障害の症状も現れます。
糖尿病網膜症は、目の底にある網膜の血管が悪くなります。
視力が弱くなり中には失明することもでてきます。

また、白内障になる人も多いようです。
糖尿病腎症は、尿を作る腎臓の糸球体の毛細血管が悪くなっていきます。
だんだんに尿が作れなくなります。

その結果、人工透析(機械で血液の不要な成分をろ過して、
尿を作る)を行なうことになってしまいます。
人工透析は、病院などで週に2~3回、透析を受けることになります。

普段の生活にとても影響があります。
そして、糖尿病による急性合併症があります。
急性合併症の代表例としては、糖尿病性昏睡と急性感染症があげられますね。

これらは治療の進歩(特にインスリン療法)により、著しく改善されています。
しかし、未だに完璧に克服されてはいません。
まだまだ意識障害を来たしたり、多くの臓器障害まで併発する可能性が残っています。


TOPPAGE  TOP