ユニマット証券

血糖値と飲酒の関係性


血糖値を気にしている方の多くは、お酒にも気を使っています。
お酒は、百薬の長ともいわれており、適度に飲むのであれば、
高血圧や認知症、心臓病、冷え性などを予防する効果もあります。

しかし、飲み過ぎてしまうのは健康を害す原因となり、
さまざまな病気を発症させる原因となっています。
お酒も最近では、ノンカロリーのものや、低カロリーのものも、

増えてきてはいますが、一般的に日本酒やビールなどは、
高カロリーであり、何杯も飲むのは血糖値をあげる原因となります。
血糖値が気になっている方は、毎日飲む習慣を辞め、

1週間の中で、全く飲まない日を1~3日ほど作るよう心がけましょう。
飲み過ぎてしまうと、脾臓がダメージを受けるため、
糖尿病にかかってしまう可能性も高まるとされています。

また、お酒にはおつまみが付き物です。
唐揚げなどの油分の多いものや、少ししょっぱいくらいのものが、
お酒にはぴったりですが、こういったおつまみが、

血糖値の上昇や糖尿病、メタボリックシンドロームに悪いとされています。
血糖値を上げないように、野菜中心のおつまみにしましょう。
血糖値が低く気になっているという方には、

飲酒は良いことなのでしょうか?実は、肝臓がアルコールを分解する時に、
糖分を必要としています。お酒を飲んだ次の日は、血糖値は下がり、
時間が経過すると元の数値に落ち着くのが普通です。

これは、アルコール性低血糖とよばれ、
血糖値が正常な方が起こっても問題のないものではありますが、
普段血糖値が下がり気味の人にとっては重大なことです。

血糖値が低い方がカロリーのためにと飲酒をすると、
かえって逆効果となり、生きるために必要な分まで糖質を使うため、
最悪の場合、昏睡状態に陥ってしまうこともあります。

血糖値が高い方にとっても、低い方にとっても、
やっぱり、大量のお酒を飲むことは健康を害す原因となります。
たしなむ程度の飲酒が1番ですね。




TOPPAGE  TOP