ユニマット証券

血糖値が低いとどうなるのでしょうか

血糖値が低いとどうなるのでしょうか。
この状態を低血糖といいます。
低血糖は、血糖値が60mg/dl以下になった状態のことをいいます。

つまり,血液中のブドウ糖の濃度が急激に下がるんですね。
糖尿病の患者さんと低血糖は深い関係にあります。
糖尿病の患者さんの場合、次の時に低血糖になりやすいようです。

*食事を抜いてしまったとき
*食事量が少なく急激に激しい運動をしてしまったとき
*いつもより多く運動してしまったとき
等です。

低血糖にも軽度の物から重度の物まであります。
低血糖の重度になると不整脈や心筋梗塞が起こる可能性があります。
さらに、昏睡状態に陥る危険性もあります。

糖尿病の患者さんによく見られる症状ではありますね。
低血糖の症状が見られるのは,
特に病気を患っていない健康な方にもあります。

空腹時に、急に手足がぷるぷると震えだしたりしませんか。
冷や汗や動悸を感じたことはないでしょうか?
それが、低血糖状態にある時の症状なのです。

健康な方であれば、すぐにチョコレートや飴を食べることで症状は治まります。
糖尿病の患者さんの場合は、簡単に症状を治めることが出来ないようです。
意識がある時は自分で砂糖を口に入れたりすることが可能ですね。

意識がない場合は周囲の方に協力してもらう必要があります。
口の中に無理矢理にでも砂糖やブドウ糖を入れなくてはいけません。

ですので、角砂糖やブドウ糖を糖尿病患者さんの場合は、
常に持参しておきたいものです。




TOPPAGE  TOP