ユニマット証券

血糖値を下げる薬にはどんな種類があるか

血糖値を下げる薬というものがあります。
それを「血糖降下薬」と言うようです。
では、高い血糖値を下げる薬には,なにがあるのでしょうか。

血糖値を下げる薬の主な役割には
糖質の吸収を妨げたり、糖の代謝を促したり、
インスリンの働きを高める働きがあります。

もちろん,その時々の血糖値の状況によって、使用する薬は異なります。
大きく分けて4つの薬に分けられます。

○インスリン抵抗性改善薬

アクトス薬などです。食前か食後に、1日1回服用する薬です。
直接インスリンに働きかける作用がある為、血糖値を下げる効果があります。

○ビグアナイド薬

メルビン、グリコラン、ジベトスB薬などです。
最近では、あまり処方されていない薬です。
食欲を減退させる為に、肥満の高血糖の場合に効果があります。

○α-グルコシダーゼ阻害薬

グルコバイ、ボグリボース(ベイスン)薬などです。
食後でなく、食前に服用する薬で、
血糖降下薬の中では最も弱い薬になります。

食物繊維と同じような働きがある為、
糖の吸収を遅くして食後の血糖値上昇を防いでくれます。

○スルフォニル尿素薬

アマリール、パミルコン、オイグルコン、ダイアグリコ薬などです。
服用初期は1日1錠で効果が期待出来るのですが、
徐々に効き目が悪くなります。

しだいに量が増えていきます。
脾臓に働きかけて、インスリンを分泌させる効果があります。

薬には副作用がつきものです。
もし,可能であれば適度な運動と食事療法を上手に取り入れましょう。
徐々に弱い薬へ移行出来るように努める事が大切です。




TOPPAGE  TOP