ユニマット証券

血圧と血糖値は関係があるのでしょうか


血糖値も血圧も数値が高いと病気を心配されます。
関係なさそうに感じられますね。
しかし,どちらも数値が高いと危険な印象を受けてしまいます。

医療現場では、血糖値と血圧はとても深い関係があると理解されています。
血糖値は糖尿病と関係があります。
血圧は、動脈硬化や心筋梗塞などと関係があります。

血圧や糖尿病は別々の病気です。
血糖値と血圧が直接関係しているというわけではないかもしれません。
血糖値が上がったり、糖尿病になるのは,

血圧が高いからという原因ではないでしょう。
しかし、特に肥満傾向の方は2型糖尿病に多いようです。
また、肥満の方は血圧が高い傾向にありますね。

血管が脂肪によって、圧迫されるからかもしれません。
また、糖尿病の方は血糖値が高いです。
ですから,常に血液がドロドロの状態のようです。

血液がドロドロだと当然流れにくくなりますね。
そうなると血圧は,上がりやすくなります。
このように、血圧が高いことが血糖値をあげたり

糖尿病の原因となることはないようです。
しかし,その逆はあります。
ですから、糖尿病患者の場合、

即命に関わるような合併症を併発することがあります。
「動脈硬化」「脳梗塞」「高血圧」「心筋梗塞」といった症状です。
それらは糖尿病に起因した血圧上昇が原因となっているようです。

つまり、糖尿病患者にとって、血糖値と血圧はとても重要な値になります。
関係性の高い値になりますね。
つまり,血糖値を下げることで、血圧を下げることも可能になるということです。




TOPPAGE  TOP