ユニマット証券

お茶を飲んで血糖値を下げる


手軽に飲めるお茶で血糖値を下げることができると話題です。
糖尿病患者の方や、メタボリックシンドロームの方などは、
是非、お茶を飲む習慣をつけると良いでしょう。

近年、高血糖対策のお茶はたくさん販売されています。
これは、糖尿病の方やメタボリックシンドロームの方が、
増えたことによって、健康茶や健康食品が人気になっている傾向から来ています。

血糖値を下げる効果のあるお茶は、
ポリフェノール、ポリサッカライド、難消化性デキストリンなどが、
含まれています。特にポリフェノールは、抗酸化作用があることでも、

知られています。カテキンやタンニンなどは、このポリフェノールの一種です。
これらには、血糖値が急激に上がらないように糖質の吸収を、
和らげるはたらきがあります。

また、糖質吸収を阻害するはたらきがある難消化性デキストリンは、
血糖値をコントロールする役割もあるだけでなく、
コレステロール値も下げる効果があり、非常に有効なものです。

血糖値を下げるはたらきがあるのが、日本茶に多く含まれるポリサッカライドです。
特に、秋に作られる四番茶に豊富に含まれているといわれています。
近年では、血糖値を下げる目的や、健康を維持するために、
自宅でお茶をつくり、飲む習慣をつけている方も多く居ます。

血糖値を下げるホルモン、インスリンの分泌のはたらきを上げる、
マイタケを使ったお茶は、免疫力を高めるだけでなく、
脂肪燃焼に欠かせないビタミンBもたくさん含まれています。

また、沖縄の長寿食といわれているゴーヤを使ったお茶も、
血糖値を下げるはたらきがあると、いわれています。
市販されているお茶の中では、特定保健用食品として、

厚生労働省から認可されているお茶がお勧めです。
あくまでも、お茶は血糖値を下げる1つの食材として利用し、
血糖値の上昇状況や、症状によっては、目にみえる効果が、

あらわれるとは限りません。
水分補給は大切なものですから、そういった上でも、
いろいろなお茶をためしてみるのも良いかも知れませんね。




TOPPAGE  TOP