ユニマット証券

血糖値が気になる方の外食


血糖値を普段から気にしている方でも、
やっぱり外食となると、ついカロリーがオーバーしてしまいがちです。
外食を全くしないというのは味気ないですし、

仕事などで仕方なく、行かなくてはいけない時もあると思います。
しかし、血糖値が上がらないようにするポイントを理解することで、
外食も気兼ねなく楽しめるようになります。

外食では、やっぱりバランスの良い食事を選ぶことです。
血圧を上昇させる塩分が高いものや、油分などが多いものは極力避け、
普段の食生活に近いものを選ぶようにしましょう。

また、血糖値を下げやすくする低GI値のものも頭に入れ、
野菜たっぷりのご飯をとるように心がけましょう。
和食は、洋食や中華に比べて低カロリーで知られていますが、

ご飯やうどんなどは、高GI値の食材でもあります。
天ぷらなどを一緒に食べると、ますます食後の血糖値が上がってしまうため、
主食であるご飯やうどんなどの炭水化物は控えめに、

血糖値を下げる効果のある酢の物を一緒にとると良いでしょう。
外食では、パスタなどイタリアンやフレンチの食事多いです。
パン、パスタ、ピザの中では、パスタが1番血糖値が上がりにくいです。

オリーブオイルは、血糖値の点から見ても健康に良いですから、
イタリアンはさほど悪くないメニューといえます。
ファーストフード、ジャングフードは、絶対に避けたいものです。

高カロリー、高脂肪、ポテトやチキンなどGI値の高いメニューもたくさんあります。
最近は野菜を使ったヘルシーメニューを置いてあるお店もありますが、
それでもなるべく避けたほうが良いでしょう。

普段はしない外食は、つい気分も高揚し、食べたくなってしまいますが、
血糖値管理のためにも、血糖値を下げたいと努力している事を忘れず、
健康的なメニューの選び方を心がけましょう。

  >>簡単に血糖値を下げる食事療法の詳細はこちら





TOPPAGE  TOP