ユニマット証券

糖尿病患者のための食事改善方法


血糖値の調節がうまくいかず、なかなか下がらない時には、
どんな方法で血糖値を下げればいいのでしょうか?
血糖値が下がらない原因の1つは、食事です。


厳しい食事管理をしなければ、簡単にカロリーオーバーしてしまう、
食事が現代の日本にはたくさんあります。
高血糖や糖尿病を患っている方の間では、運動療法よりも、

食事療法が難しいとされている事も多く、つい、食事の摂取カロリーが、
医師や栄養士さんから指定したカロリーよりも高くなってしまう事も多いようです。
血糖値を下げるにあたって、運動療法も効果的なものですが、

やっぱり、運動療法だけでは、数値を下げるはたらきはなかなか上がりません。
そのままでは、いつまでたっても血糖値が高いままになってしまいます。
糖尿病予備軍の方は、こういった積み重ねが糖尿病を招く、

結果となってしまうこともあるため、注意が必要です。
食事療法では、細かいところにも気を配らなくてはいけません。
野菜などを炒める際に、油は使いすぎていないでしょうか?

油の種類もカロリーの高くないものを使うようにしたいですね。
サラダに関しても注意が必要です。野菜を取ることは非常に重要ですが、
サラダの味付けも、サラダオイルの入ったものではなく、

ノンオイルのドレッシングや、ローカロリータイプの物を使いたいものです。
血糖値を下げる食事療法をする上で、糖質や脂質があまり含まない食材を、
選ぶこと以外にも、ノンオイルのものや、カロリーオフのもの、

テフロン加工のフライパンを使うことも推奨されています。
血糖値を下げるための食事を作るのは大変むずかしいことです。
そこで利用したいのが、糖尿病食です。糖尿病患者のために考えられた食事で、
栄養素とカロリーがきちんと考えられたメニューです。

自宅でレシピに沿って料理するものや、お弁当のようになっているものなど、
さまざまな糖尿病食が考えられています。
血糖値を下げるためには、食事が非常に大切になってきますので、

今までの食事療法でなかなか血糖値が下がらない場合や、
料理が苦手だという方は、是非、糖尿病食を利用してみると良いでしょう。






TOPPAGE  TOP