ユニマット証券

血糖値を下げるには


空腹時の血糖値の値は、大体80から100mg/glです。
この数値を下回ると低血糖、上回ると高血糖となり、
さまざまな病気を引き起こす要因となります。

低血糖の場合、エネルギーとして使われるブドウ糖が、
すくなるなるため、血糖値をあげようと体の中では、
さまざまなはたらきが起こります。

インスリンの分泌を抑えるはたらき、グルカゴンや、
アドレナリン等の分泌量が増えるはたらきなどです。
しかし、50mg/dl以下くらいまで血糖値が下がってしまうと、

脳にダメージが起こり、頭痛や、発汗などの症状が現れます。
その後、意識消失、昏睡状態となり、命の危険があるため、
低血糖の方は、十分に気をつけなくてはなりません。

血糖値が低下した時に考えられる病気としては、
肝硬変やインスリン拮抗ホルモン欠乏症、
ランゲルハンス島肥大、肝癌などがあげられます。

また、元々は高血糖が引き起こす糖尿病を患ったことで、
低血糖に陥ることもあります。
高血糖が要因となって起こる糖尿病の治療として、

血糖値を下げるはたらきのある薬などを服用することがあります。
その薬を誤って飲み過ぎてしまった場合や、
高血糖が続いた方が、一時的にグンと血糖値が下がった場合に、

体が上手に反応しきれず、低血糖の症状が起こるということもあります。
慢性的な疾患に負担がかかっている場合は、血糖値が下がりやすいので、
十分に注意をしましょう。

低血糖の治療は、なんといっても糖分を取ることです。
糖尿病患者の場合にも、血糖値が下がりすぎてしまった時のために、
砂糖などの甘いものを持ち歩くよう医師に言われている方も多いです。

普段血糖値が高い方も、糖尿病を患っている方も、
低血糖には十分気をつけなくてなりません。




TOPPAGE  TOP