ユニマット証券

血糖値とストレスの関係性


血糖値を下げる時に、自身のストレスも大きく関わってきます。
心の健康だけでなく、体の健康にも大きく関わってくるストレスは、
現代の日本では、仕事や会社などさまざまな場面で、

ついて回るものです。ストレスの要因は、人によりさまざまですが、
我々の生活は、常にストレスに囲まれているといっても、
過言ではないでしょう。

血糖値が上がってしまう原因の1つのストレスがあげられています。
これはストレスを感じたことで、血糖値を上げるホルモンの分泌量が増え、
インスリンへの反応が低下し、インスリン抵抗性が、

増えてしまうことからくるものです。
人間には、何かダメージを受けた時に、体の中がはたらき、
そのダメージを克服しようとするはたらきを持っています。

ストレスを感じた場合には、血糖値や血圧が上がるようからだが、
はたらきかけるのです。
以上のことからストレスを溜め込んでしまうのは、

血糖値や血圧を上げる要因になってしまうということが分かります。
血糖値を下げたいと思っている方は、ストレスをまず、
解消することが大切です。

良くストレス解消のために、好きな物を好きなだけ食べるという人がいます。
暴飲暴食は、ストレスを解消するためだけになら良いかも知れませんが、
ストレスを感じる日々が続くと、食べ過ぎてしまい、

血糖値はあがり、糖尿病になってしまうこともあります。
また、糖尿病患者の中には、糖尿病の辛さや、一生付き合っていく、
糖尿病という持病に悩み、うつ病を発症してしまうケースも少なくありません。

結果、ストレス状態になり血糖値を下げるための治療にも、
意欲を見せなくなってしまうという、悪循環になることもあります。
これでは本末転倒ですので、ストレスをなるべく解消できるよう心がけ、

意欲的に、血糖値を下げる生活を続けなくてはなりません。
まずは、糖尿病にかかってしまっている事を理解し、
趣味やスポーツなどに打ち込んでみると良いでしょう。その他、

ウォーキングがてらのお散歩や、家族、
友人などと話すのもストレス解消となります。
最近では、糖尿病を治療しながら、心療内科などに、

通院する方も多くなって来ました。糖尿病という事を知った上で、
話を聞いてくれますから、非常に心も安らぐ時間となることでしょう。
ストレスを解消し、自身の健康を取り戻せるよう、努力をしましょう。

 


TOPPAGE  TOP